注文住宅の住宅設計と間取り

一生に一度の大きな買い物である住宅購入にこだわりたい人も多いと思います。注文住宅にすれば理想の間取りと収納を兼ね備えた住宅設計が可能です。書斎を確保したい、大きなアイランドキッチンで収納をたっぷり取りたい、子供の個室が欲しい、リビングは広めで光を取り入れたいなど、様々なこだわりが思いのままです。土地によっては、広さが足りないので3階建てにする必要があり、鉄筋つくりにしたい、そうではなく自然な風合いが好みなので、木造住宅がいい、など希望の住宅はそれぞれです。建設会社や不動産会社の選び方としては、会社によって得意分野があるため、あらかじめリサーチしてから依頼しましょう。

収納と人の動線には注意が必要

間取りや広さにばかり目が行きがちですが、住んでみて大事なのは収納と人の動線です。部屋の広さは確保できても、家具を置いてしまうと、意外と使えるスペースが狭くなるため、ある程度確保しておきましょう。重くてかさばるゴルフセットや趣味のシュノーケリングなどの道具を置きたい、などの場合一階に収納があると便利です。

プライバシーの観点からも、玄関を開けていきなり寝室や子供部屋が見える、応接間が2階で玄関から遠く、寝室の前を通過してしまうなどの設計は避けたほうが良いでしょう。物干し場が3階にある場合、洗濯機置き場が1階だと、1階から3階まで洗濯物を持って、階段で上がって干す必要があります。若い時は良いですが、足腰が弱った時の場合や人の動線も考えて注文住宅を建てましょう。

海に沿った都道府県なので、北側を選べば山の空気を感じ、南側を選べば海の香りを感じる暮らしができます。神奈川の注文住宅は、日常生活をイメージすると、その後の暮らしが広がります。

Wednesday, 2021年4月14日
Menu