工法から建築メーカーや工務店を選ぶ大切さ

注文住宅の大きな魅力は、自分たちの希望やニーズに合わせて、自由に設計できることでしょう。ただしデザインや間取りなど、自分たちの理想とする注文住宅を実現するには、それにふさわしい工法で家造りをしなければなりません。そこで基本的な工法をあらかじめ知っておいた上で、建てたい住宅にふさわしい工法を得意としている、建築メーカーあるいは工務店等を選ぶことが重要です。

伝統的な木造住宅でも新しい工法で!

木造住宅は日本では最もメジャーで伝統的なスタイルの住宅であり、注文住宅でもニーズの高さがうかがえます。とはいえ伝統的なスタイルであっても、その工法は決して古いままではありません。例えばアメリカのメジャーな木造工法であるツーバイフォー住宅は、日本各地でも既に広く普及しています。ちなみに工法の名称は、2インチ×4インチの角材を使用することから。この工法では合板を金物で接合したパネルを組み合わせて、床や壁あるいは屋根等を作り、立体的な箱状の空間にしていきます。従来の木造工法よりも工期が短く、コストも比較的安い上、どんなメーカーでも品質にばらつきが出にくいことが、この工法の魅力です。

大きい部屋が欲しい?防災対策を重視したい?

注文住宅を希望する方の中には、一部屋の空間を大きくしたい、防災対策を重視した建物にしたい、こんなニーズもあるはずです。それならばRC造とも呼ばれる、鉄筋コンクリート工法がベター。これは柱や梁あるいは天井といった建物の主要部に鉄筋を採用し、さらにコンクリートを流し込んで構造化していく工法です。頑丈な枠組みの工法なので、室内を一つの大きな空間にしても大丈夫。また耐震性や耐火性にも優れるので、防災対策にも最適と言えます。

愛知の注文住宅では木材の耐久性が高まっています。白アリ対策や腐食防止の加工を施しているためです。いろいろな技術がたくさん織り込まれているのです。

Friday, 2021年6月25日
Menu