高い安全性が手に入る

オール電化の賃貸では、ガスを使わず、電気だけですべてをまかなっていきます。火を使わないため、ガス漏れなどの事故や、火災などが発生しにくく、安全性が高いと言われています。不安要素を取り除き、安心に暮らせるのは、オール電化の最大のメリットと言えるでしょう。また、賃貸では万が一火災で建物に被害を出してしまった場合、借主に渋滞な過失がある場合は債務不履行責任を負わなければなりません。部屋を返却する前に、現状復帰させる必要が出てくるのです。オール電化では、このようなリスクも軽減することができます。さらに、隣人を火災に巻き込む危険性からも守ることができます。

光熱費の管理が楽になる

オール電化ではガスを使わないため、当然光熱費は電気と水道に関わる費用のみになります。それまでガスを使っていた部分も電気でまかなうようになるため、電気代は上がりますが、毎月の家計がシンプルになり、管理がしやすくなるというメリットが得られるようになるでしょう。

深夜電力を有効活用することでお得になる

オール電化住宅向けの電気料金プランは、昼間の電気代が割高で、夜間の電気代が安くなっているものが一般的です。そのため、昼間はできるだけ電気の使用を抑え、夜間に使うようにすることで、電気代を節約できるようになります。例えば、家電のタイマー機能などを駆使して、食洗器や洗濯乾燥機などを夜間に動かす方法です。炊飯器もタイマーを使えば、夜の間に炊いておくことができます。料金プランに合わせて生活スタイルを調整することで、お得に過ごせるようにもなるのです。

千歳の賃貸物件の周辺には、国内の首都と道内を結ぶ空港が立地され、交通アクセスが充実しています。また、水資源にも恵まれているため、名水百選に選ばれた湧水で炊いたご飯をいつでも食べられます。

Friday, 2021年6月25日
Menu